仲間との統一感を高めたいという時に欠かせないアイテムとして、オリジナルユニフォームがありますが、制作するにはみんなに費用の負担をしてもらうことになるので、いいものを作りたくても予算的な制限が出てくることになります。高すぎずに価格に見合ったものを作ってもらうためには、ちょっとしたコツも必要になってきます。オリジナルユニフォームには、自分たちだけのデザインを入れてもらうことになるのですが、そのプリントの方法にも着目してみるといいでしょう。発注枚数によってもベストとなるプリントの方法が違うことにもなるので、枚数に合わせてプリント方法を選ぶ必要があります。また、デザインは業者の専属デザイナーに任せることもできるのですが、デザイン料がかかってしまうことになります。できるだけ自分たちで作ってみることでお得に作ることができます。

プリントの方法に工夫をしてみよう

オリジナルユニフォームに入れるプリント方法にはさまざまありますが、大勢の仲間で作るとなったらシルクスクリーンプリントが向いています。一枚当たりの印刷代を大幅に削減することができるというメリットがある方法なのですが、枚数が少なくなればかえって高くついてしまうことになります。シルクスクリーンプリントでは、型枠が必要になるので、型枠の代金でもある版代は必要になってきます。しかし、安い印刷料となるので発注枚数が多くなるほどに版代の分も取り返すことができ、結果的に安く済ませることができます。一方、少人数の仲間と作るという場合には、インクジェットプリントが向いています。型枠を作る必要がないので版代を抑えることができるのですが、写真のような細かな図案でも鮮明にプリントしてもらえるというメリットも持っています。

自分たちでデザインをしてみよう

オリジナルユニフォームをお得な料金で作りたいという場合には、極力オプションとして料金がかかる部分を削減したいものです。制作をしてもらう時には、Tシャツなどのアパレルアイテムの料金にプラスして印刷代がかかるのですが、場合によってはデザイン料がかかることもあります。業者の専属デザイナーにデザインをしてもらえれば、店頭で販売しているような立派なデザインにしてもらうことができるものの、デザイン料は大きな負担となってしまいます。自分たちでデザインをするだけでも、デザイン料を削減することができます。一からデザインを考えるのは難しいのですが、イメージをつかみ取るためにも参考となるデザインをネットから探してみるといいでしょう。そのままのデザインでは違法となってしまうこともあるので、あくまで参考程度にして作っていくようにします。全体的なデザインのバランスは無料でデザイナーに修正してもらえることが多いので、初心者でもいいものを作ることができます。